カイと猫のバンコク珍道中

実家

今週のお題「わたしの実家」

 

なんて嫌なお題!笑

 

半年に1度は帰省していたマザコンの僕がコロナの影響で3年ほど実家に帰れていません。

 

タイに住んでいるので仕方ないですがいつ帰れるやら。

 

僕の実家はかなり片付いていて無印良品のような家です。

 

そして母親は無印良品が大好き。

 

タツなどはありません。室内の景観を損ねるのでね。

 

身内が言うのもなんですが、かなりセンスが良い母親だと思います。笑

 

その分なのか父はまったくこだわりがないのでかなり快適で整った家になっています。

 

ああ、帰りたい。

実家

今週のお題「わたしの実家」

 

なんて嫌なお題!笑

 

半年に1度は帰省していたマザコンの僕がコロナの影響で3年ほど実家に帰れていません。

 

タイに住んでいるので仕方ないですがいつ帰れるやら。

 

僕の実家はかなり片付いていて無印良品のような家です。

 

そして母親は無印良品が大好き。

 

タツなどはありません。室内の景観を損ねるのでね。

 

身内が言うのもなんですが、かなりセンスが良い母親だと思います。笑

 

その分なのか父はまったくこだわりがないのでかなり快適で整った家になっています。

 

ああ、帰りたい。

タイのとんかつ屋No.1 「和幸」

こんにちは。カイです。

 

www.thaich.net

 

一応感染者が減っているみたいですねぇ。

年末はどうなることやら。

 

 

今回は日本のチェーンのとんかつ屋、「和幸」です。

 

日本ではもちろんですがタイでも大人気のとんかつ屋です。

チェーン店で待つ人がいるぐらい人気がありますね。

 

新宿さぼてん、まい泉、かつや、かつくらなんかがありますが個人的には1番好きなとんかつ屋です。

なぜかとんかつ屋は日本より安いですね。どこのお店もそうかな?

かつくらは知りませんが和幸は安いですね。

 

ラーメン屋なんかはアホみたいに高いです。

なのであまり行かないですね。

 

 

 

 

僕がよく行くのはサイアムセンターにある店舗です。

場所柄若いお客さんも多いですね。

 

一食350バーツぐらいするのでタイではかなり高い部類の食べ物になります。

それにもかかわらず午前11時で待つこともあるぐらい人気があるお店ですね。

 

f:id:bkk42:20211222133134j:image

 


f:id:bkk42:20211222133128j:image

 

メニューもいいですね。キャベツとご飯はおかわり自由です。


f:id:bkk42:20211222133131j:image

 

この出し方がいいですよね。

漬物が嬉しいんですよね。

 


f:id:bkk42:20211222133126j:image

 

今回はヒレ ロース盛り合わせ膳。

 

正直この量でお腹いっぱいになるなんて歳をとったなぁと思います。

 

ですが明日も食べたいなぁと思うぐらい美味しいんですよね。

 

サイアムセンターの飲食街は美味しいお店が多く集まっているのでぜひ行ってみてください!

「はたらく」

こんにちは!カイです。

 

だいぶ忙しくてサボっていましたが久しぶりにお題。

 

僕は現在タイのバンコクで小さい会社を運営していますが、今が1番フリーで働けていると感じます。

 

日本だと「要求されるものとそれに対する対価」が見合ってなくてあまり充実していなかったと感じます。

 

これは今の日本が抱えている問題の一つでしょうね。

 

サービスの価値が低く過ぎます。

 

移民を増やしていきそうですがある意味ではいいかも知れませんね。

 

「あっ、日本人のサービスってやっぱり外国人より全然良かったんだ!」

とサービスの価値が見直されることでしょう。

 

僕が住んでいるタイではサービスの質は日本に比べるとかなり落ちます。

でもそれが当たり前なんだなと思うようになってきましたね。

 

逆にお金をたくさん払うとそれなりのサービスは受けられます。これが正しい価値というものでしょう。

 

フリーで働くと自分の管理を自分で全てやらなくてはならないので大変ではあります。

ですが無駄なことをやらなくていいというのもあります。

その辺をうまくコントロールさえできればやはりフリーランスの方が楽だと感じますね。

 

これからは他人と自分を比べて満足するような価値観だと生きていくのが辛い時代になっていくと思います。

 

自分は自分、他人は他人。

 

国籍や性別は関係ありません。

 

なるべく自由にストレスなく生きていけるように考えていこうと思います。

 

 

 

ベトナム料理屋『Muine』 再び

こんにちは!カイです。

www.thaich.net

 

感染者自体は減っているようだけど学校で出たりマスクしない人が増えたり。

まだまだどう転ぶかわからないタイランド

 

 

www.bkkneko.com

 

以前書いたベトナム料理屋がリニューアルしていたので再訪してみました!

 

 

なんか小綺麗になったかな?

f:id:bkk42:20211124114137j:image

 

前の感じをあまり覚えていないけど狭くなった気がする。


f:id:bkk42:20211124114121j:image

 

こういうメニューの作り方は本当におしゃれだと思いますね。


f:id:bkk42:20211124114124j:image

 

これがなんなのか聞くのを忘れました。笑

ここのベトナムコーヒーは美味しいです。


f:id:bkk42:20211124114152j:image

 

けっこう種類が多いですね。


f:id:bkk42:20211124114117j:image

 

このお店も高級路線のメニューがありますね。


f:id:bkk42:20211124114134j:image


f:id:bkk42:20211124114110j:image

 

ベトナムのフォーはクイティアオとまた違って美味しいですよねー。


f:id:bkk42:20211124114128j:image

 

メニューも新しくなってます。


f:id:bkk42:20211124114145j:image

 


f:id:bkk42:20211124114141j:image

 

この辺はまだ試していないです。いつか!


f:id:bkk42:20211124114114j:image

 

バインミーが美味しいです。

正直サブウェイの方が安いんだけどやっぱりパンが違う。気がします。笑


f:id:bkk42:20211124114131j:image

 

良い写真。オーナーはタイ語ペラペラなベトナム人のお姉さんです。


f:id:bkk42:20211124114105j:image

 

シンプルに美味そう。


f:id:bkk42:20211124114148j:image

 

こっちは黒豚。これも美味しい。

 

味付けがタイとはまたちょっと違うので気になった方は是非行ってみてください!

10年でのタイの変化

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

こんにちは!カイです。

 

今回はお題です。僕が感じたタイの「10年で変わったこと・変わらなかったこと」。

これでいきましょう。

 

まず変わったこと。

 

・歩くのが速くなった

 

これは間違い無いですね。10年前は遅すぎてイライラすることが多かったですが最近はあまりないですね。それだけ社会のスピードが上がってきているのでしょう。当時は僕の歩くスピードが速すぎたってのもありますね。

 

・表情が暗くなった

 

昔はもっとみんな明るい感じがしましたが今のバンコクはまるで東京。物欲にまみれ時間に追われて表情が疲れているように感じます。タクシーの運転手や屋台のおばちゃんと世間話をよくしましたが、最近は向こうから話しかけてくることがかなり減りましたね。

 

・英語を話す人が増えた

 

10年前でも日本より多かったですが現在は本当に多いですね。発音をしない音があるので聞き取りづらさはありますが僕よりは上手いですね。

 

・所有する車やバイクのグレードが上がった

 

庶民でもローンで高い車やバイクに乗ってますね。支払い能力が心配です。

知り合いのタイ人はバイクを10年ローン、車を20年ローン、コンドミニアムを30年ローンで買いましたが恐らく全て途中で手放すでしょう。

これがタイ人の買い物の仕方です。真似したくてもできません。

 

・コーヒーやパンが美味しくなった

 

10年前はお世辞にも美味しいと感じませんでしたが現在は、こだわったお店が増えていますね。価格がとてもローカルレベルではないのが気になりますが。

庶民の1日の食費とコーヒー代が同じぐらいしますからね。

 

・おしゃれなものが増えた

 

ショッピングモールや個人経営のカフェなどおしゃれなお店が増えましたね。タイっぽさは薄れていますがそれは日本も同じなんでしょう。

 

・歩道がキレイになった

 

場所によりますが歩道が格段に良くなった気がします。

スクムビットの49と63をなんとかして欲しいですね。

 

・物価が上がった

 

物価の上がり方はなかなかすごいですね。庶民の賃金の上がり方よりはるかに物価の上がり方がすごいです。

 

・働く人と働かない人の差が広がった

 

タイあるあるの一つですがタイ人は労働意欲が低い人が多いです。

労働意欲の高いタイ人はものすごく優秀なのでどんどん差が広がっていると感じますね。

 

 


 

ここからは変わらなかったこと。

 

・収入

 

うまく他を出し抜いた人、富裕層、外国人のパートナーをつかまえた人は収入が増えた感じですが、それ以外の人はほとんど変わってなさそうですね。

物価は確実に上がってますが全く追いつけていません。

 

・金遣い

 

タイ人の金遣いは昔からすごいです。

ローに次ぐローン。一体どうやってやりくりしているのかが謎です。

その辺で歩いているおしゃれでキレイなおねーさんはローン地獄です。

 

 

・嫉妬深さ

 

これも時代で変わるものでは無いんですね。相変わらずタイ人女性は怖い。

 

ドラえもん

 

いまだに衰えを知らないドラえもんに対する愛情。

おばちゃんがドラえもん柄の服着ているとほっこりします。

ドラえもんの歌があるぐらいですから愛されてますね〜。

 

 


 

いかがでしたか?

タイに関わってから10年。個人的に感じたのはこんなもんですね。

 

あんまり大した内容じゃなかったですね。笑

 

外国人の勝手なわがままですが以前のタイの方が好きでしたね。

タイ人がどう思っているのかそのうち調べてみようかな。

f:id:bkk42:20211122122308j:image

 

 

バから始まるバンコクの病院

こんにちは!カイです。

 

今回は非常に腹がたった話。

 

タイでは日常茶飯事ですが。

 

 

某有名私立病院にコロナワクチンの2回目を摂取しにいった。

この病院はバンコクで最も高級と言われている病院で、普段は絶対に行かないのだが日本大使館の摂取プログラムの恩恵を受けて無料でワクチンが摂取できるため初めて利用することになった。

 

1回目の摂取時は大変スムーズで、正直タイでこんなにスムーズに事が進んだのは初めてというぐらいで感動すらしたぐらい。

なので2回目も楽観して行ったのだが。

 

当日は1回目の10倍ぐらいの人がいてちょっと不安になってきた。

 

(前回との差が酷いな。でもとりあえずこれが終われば摂取証明はもらえるし我慢しよう。)と呑気に構えていた。

 

「今日摂取証明もらえますよね?」

「最後にお渡しします。」

 

この病院は日本語が話せる看護師が多い。

問題は無さそうだな。

 

摂取も無事終わり30分待機。

結構な人が待っていて正直速攻帰りたくなった。

 

最後に小さい紙袋をもらってすぐ帰宅。

あんな混んでいる病院に1秒たりとも長くいない方がいいからね。

 

帰宅後さっそく紙袋の中身を見てみた。

 

.........パックの牛乳が一つ。

摂取証明が入ってねーじゃねーか!

というか牛乳って。笑

 

タイ歴が長いくせにつまらない凡ミス。

なんでその場でチェックしなかったのか?

 

とりあえずすぐに電話。

日本語対応の電話(有料)にかけてすぐに相手が出た。

 

僕「摂取証明が入ってなかったけど?」

病院側「え?全員に渡せって言ってるんですがねぇ。」

 

(さすがホウレンソウの概念が無いタイランド。高級病院もこのレベルか)

 

僕「じゃあ来週取りに行きますんで。」

病院側「わかりました。」

 

(わかりましたじゃねーよ。ほんとこいつら謝らねーな。)

 

ということで翌週。

 

僕「摂取証明を取りに来ました。

病院側「はい。中を確かめてください。」

 

(お前が言うなよ。ん?)

 

僕「これパスポート番号が前のパスポートのままになってますね。直してください。」

病院側「え?」

僕「いや、え?じゃなくてこれ間違ってるでしょ。直せますよね?」

病院側「う〜ん、直せますが今は無理です。」

僕「は?なんで?こんなのパソコンでちょちょいでしょ。というかパスポート預けてたのにチェックしないでワクチン打ってるの?」

病院側「それは知りません。」

僕「?とりあえずこんな間違った証明書じゃ意味ないでしょ。この病院はいつもこんなにテキトーなの?」

病院側「私が間違ったんじゃないです。キリッ」

僕「あっそう。どうでもいいけどできるの?できないの?」

病院側「今は無理です。」

僕「じゃあいつならできるのよ?」

病院側「....ちょっと確認してきます。」

 

(おいおい。なんだコイツ。ただ日本語ができるだけの無能じゃねーか。)

 

病院側「今日じゃなきゃダメですか?」

僕「郵送してくれるなら後日でもいいですよ。」

病院側「それは無理です。(キッパリ)」

 

(なんだコイツ?)

 

僕「え?じゃまたわざわざ取りに来るの?そっちが間違えたんでしょ?」

病院側「私ではないです。(キリッ)」

 

(お前が頭と性格が悪いのはもうわかったよ)

 

僕「またなんか間違えるかもしれないから今日お願いします。」

病院側「間違えませんよ。」

 

(信用できるか!)

 

僕「いやいや。こんなのすぐできるはずだからもう一度確認してよ。」

病院側「......」

 

(返事せーよ💢)

 

誰か別の人に確認しに行き戻ってきた。

病院側「ではこちらにどうぞ。」

 

(できんのかよ!マジでコイツくそだな)

 

別のフロアに連れて行かれ15分ほど待機。

 

 

病院側「はいできました。」

 

(はいできました?コイツの神経どうなってんだ?)

 

僕「最初はできないって言ってたのにできましたね。(嫌味)あなたが間違っていましたね。おかげで貴重な休みにわざわざタクシーで来て1時間ほど無駄にしました。どう思います?」

 

普段はタイ人に絶対こんなことは言わないのだけど(無駄だから)けっこうムカついたので聞いてみた。

 

そしたら何も聞かなかったふりして去って行った。

 

 


 

まあこんなもんです。こんな病院がタイにはゴロゴロあります。

 

タイにある病院で最も高級とされる病院のスタッフはこのレベルです。

もちろん全員ではないですが、日本語ができるみたいな特殊技能を持っている人はマジで態度が悪い。そして絶対に謝らない。

こんなどうでもいい件を処理するのになんでこんな時間がかかるのか理解ができないですね。

 

今回はタイ人彼女の方が僕より怒っていました。

 

タイで私立病院に行かれる際は気をつけましょう。