カイと猫のバンコク珍道中

ベトナム料理屋『Muine』 再び

こんにちは!カイです。

www.thaich.net

 

感染者自体は減っているようだけど学校で出たりマスクしない人が増えたり。

まだまだどう転ぶかわからないタイランド

 

 

www.bkkneko.com

 

以前書いたベトナム料理屋がリニューアルしていたので再訪してみました!

 

 

なんか小綺麗になったかな?

f:id:bkk42:20211124114137j:image

 

前の感じをあまり覚えていないけど狭くなった気がする。


f:id:bkk42:20211124114121j:image

 

こういうメニューの作り方は本当におしゃれだと思いますね。


f:id:bkk42:20211124114124j:image

 

これがなんなのか聞くのを忘れました。笑

ここのベトナムコーヒーは美味しいです。


f:id:bkk42:20211124114152j:image

 

けっこう種類が多いですね。


f:id:bkk42:20211124114117j:image

 

このお店も高級路線のメニューがありますね。


f:id:bkk42:20211124114134j:image


f:id:bkk42:20211124114110j:image

 

ベトナムのフォーはクイティアオとまた違って美味しいですよねー。


f:id:bkk42:20211124114128j:image

 

メニューも新しくなってます。


f:id:bkk42:20211124114145j:image

 


f:id:bkk42:20211124114141j:image

 

この辺はまだ試していないです。いつか!


f:id:bkk42:20211124114114j:image

 

バインミーが美味しいです。

正直サブウェイの方が安いんだけどやっぱりパンが違う。気がします。笑


f:id:bkk42:20211124114131j:image

 

良い写真。オーナーはタイ語ペラペラなベトナム人のお姉さんです。


f:id:bkk42:20211124114105j:image

 

シンプルに美味そう。


f:id:bkk42:20211124114148j:image

 

こっちは黒豚。これも美味しい。

 

味付けがタイとはまたちょっと違うので気になった方は是非行ってみてください!

10年でのタイの変化

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

こんにちは!カイです。

 

今回はお題です。僕が感じたタイの「10年で変わったこと・変わらなかったこと」。

これでいきましょう。

 

まず変わったこと。

 

・歩くのが速くなった

 

これは間違い無いですね。10年前は遅すぎてイライラすることが多かったですが最近はあまりないですね。それだけ社会のスピードが上がってきているのでしょう。当時は僕の歩くスピードが速すぎたってのもありますね。

 

・表情が暗くなった

 

昔はもっとみんな明るい感じがしましたが今のバンコクはまるで東京。物欲にまみれ時間に追われて表情が疲れているように感じます。タクシーの運転手や屋台のおばちゃんと世間話をよくしましたが、最近は向こうから話しかけてくることがかなり減りましたね。

 

・英語を話す人が増えた

 

10年前でも日本より多かったですが現在は本当に多いですね。発音をしない音があるので聞き取りづらさはありますが僕よりは上手いですね。

 

・所有する車やバイクのグレードが上がった

 

庶民でもローンで高い車やバイクに乗ってますね。支払い能力が心配です。

知り合いのタイ人はバイクを10年ローン、車を20年ローン、コンドミニアムを30年ローンで買いましたが恐らく全て途中で手放すでしょう。

これがタイ人の買い物の仕方です。真似したくてもできません。

 

・コーヒーやパンが美味しくなった

 

10年前はお世辞にも美味しいと感じませんでしたが現在は、こだわったお店が増えていますね。価格がとてもローカルレベルではないのが気になりますが。

庶民の1日の食費とコーヒー代が同じぐらいしますからね。

 

・おしゃれなものが増えた

 

ショッピングモールや個人経営のカフェなどおしゃれなお店が増えましたね。タイっぽさは薄れていますがそれは日本も同じなんでしょう。

 

・歩道がキレイになった

 

場所によりますが歩道が格段に良くなった気がします。

スクムビットの49と63をなんとかして欲しいですね。

 

・物価が上がった

 

物価の上がり方はなかなかすごいですね。庶民の賃金の上がり方よりはるかに物価の上がり方がすごいです。

 

・働く人と働かない人の差が広がった

 

タイあるあるの一つですがタイ人は労働意欲が低い人が多いです。

労働意欲の高いタイ人はものすごく優秀なのでどんどん差が広がっていると感じますね。

 

 


 

ここからは変わらなかったこと。

 

・収入

 

うまく他を出し抜いた人、富裕層、外国人のパートナーをつかまえた人は収入が増えた感じですが、それ以外の人はほとんど変わってなさそうですね。

物価は確実に上がってますが全く追いつけていません。

 

・金遣い

 

タイ人の金遣いは昔からすごいです。

ローに次ぐローン。一体どうやってやりくりしているのかが謎です。

その辺で歩いているおしゃれでキレイなおねーさんはローン地獄です。

 

 

・嫉妬深さ

 

これも時代で変わるものでは無いんですね。相変わらずタイ人女性は怖い。

 

ドラえもん

 

いまだに衰えを知らないドラえもんに対する愛情。

おばちゃんがドラえもん柄の服着ているとほっこりします。

ドラえもんの歌があるぐらいですから愛されてますね〜。

 

 


 

いかがでしたか?

タイに関わってから10年。個人的に感じたのはこんなもんですね。

 

あんまり大した内容じゃなかったですね。笑

 

外国人の勝手なわがままですが以前のタイの方が好きでしたね。

タイ人がどう思っているのかそのうち調べてみようかな。

f:id:bkk42:20211122122308j:image

 

 

バから始まるバンコクの病院

こんにちは!カイです。

 

今回は非常に腹がたった話。

 

タイでは日常茶飯事ですが。

 

 

某有名私立病院にコロナワクチンの2回目を摂取しにいった。

この病院はバンコクで最も高級と言われている病院で、普段は絶対に行かないのだが日本大使館の摂取プログラムの恩恵を受けて無料でワクチンが摂取できるため初めて利用することになった。

 

1回目の摂取時は大変スムーズで、正直タイでこんなにスムーズに事が進んだのは初めてというぐらいで感動すらしたぐらい。

なので2回目も楽観して行ったのだが。

 

当日は1回目の10倍ぐらいの人がいてちょっと不安になってきた。

 

(前回との差が酷いな。でもとりあえずこれが終われば摂取証明はもらえるし我慢しよう。)と呑気に構えていた。

 

「今日摂取証明もらえますよね?」

「最後にお渡しします。」

 

この病院は日本語が話せる看護師が多い。

問題は無さそうだな。

 

摂取も無事終わり30分待機。

結構な人が待っていて正直速攻帰りたくなった。

 

最後に小さい紙袋をもらってすぐ帰宅。

あんな混んでいる病院に1秒たりとも長くいない方がいいからね。

 

帰宅後さっそく紙袋の中身を見てみた。

 

.........パックの牛乳が一つ。

摂取証明が入ってねーじゃねーか!

というか牛乳って。笑

 

タイ歴が長いくせにつまらない凡ミス。

なんでその場でチェックしなかったのか?

 

とりあえずすぐに電話。

日本語対応の電話(有料)にかけてすぐに相手が出た。

 

僕「摂取証明が入ってなかったけど?」

病院側「え?全員に渡せって言ってるんですがねぇ。」

 

(さすがホウレンソウの概念が無いタイランド。高級病院もこのレベルか)

 

僕「じゃあ来週取りに行きますんで。」

病院側「わかりました。」

 

(わかりましたじゃねーよ。ほんとこいつら謝らねーな。)

 

ということで翌週。

 

僕「摂取証明を取りに来ました。

病院側「はい。中を確かめてください。」

 

(お前が言うなよ。ん?)

 

僕「これパスポート番号が前のパスポートのままになってますね。直してください。」

病院側「え?」

僕「いや、え?じゃなくてこれ間違ってるでしょ。直せますよね?」

病院側「う〜ん、直せますが今は無理です。」

僕「は?なんで?こんなのパソコンでちょちょいでしょ。というかパスポート預けてたのにチェックしないでワクチン打ってるの?」

病院側「それは知りません。」

僕「?とりあえずこんな間違った証明書じゃ意味ないでしょ。この病院はいつもこんなにテキトーなの?」

病院側「私が間違ったんじゃないです。キリッ」

僕「あっそう。どうでもいいけどできるの?できないの?」

病院側「今は無理です。」

僕「じゃあいつならできるのよ?」

病院側「....ちょっと確認してきます。」

 

(おいおい。なんだコイツ。ただ日本語ができるだけの無能じゃねーか。)

 

病院側「今日じゃなきゃダメですか?」

僕「郵送してくれるなら後日でもいいですよ。」

病院側「それは無理です。(キッパリ)」

 

(なんだコイツ?)

 

僕「え?じゃまたわざわざ取りに来るの?そっちが間違えたんでしょ?」

病院側「私ではないです。(キリッ)」

 

(お前が頭と性格が悪いのはもうわかったよ)

 

僕「またなんか間違えるかもしれないから今日お願いします。」

病院側「間違えませんよ。」

 

(信用できるか!)

 

僕「いやいや。こんなのすぐできるはずだからもう一度確認してよ。」

病院側「......」

 

(返事せーよ💢)

 

誰か別の人に確認しに行き戻ってきた。

病院側「ではこちらにどうぞ。」

 

(できんのかよ!マジでコイツくそだな)

 

別のフロアに連れて行かれ15分ほど待機。

 

 

病院側「はいできました。」

 

(はいできました?コイツの神経どうなってんだ?)

 

僕「最初はできないって言ってたのにできましたね。(嫌味)あなたが間違っていましたね。おかげで貴重な休みにわざわざタクシーで来て1時間ほど無駄にしました。どう思います?」

 

普段はタイ人に絶対こんなことは言わないのだけど(無駄だから)けっこうムカついたので聞いてみた。

 

そしたら何も聞かなかったふりして去って行った。

 

 


 

まあこんなもんです。こんな病院がタイにはゴロゴロあります。

 

タイにある病院で最も高級とされる病院のスタッフはこのレベルです。

もちろん全員ではないですが、日本語ができるみたいな特殊技能を持っている人はマジで態度が悪い。そして絶対に謝らない。

こんなどうでもいい件を処理するのになんでこんな時間がかかるのか理解ができないですね。

 

今回はタイ人彼女の方が僕より怒っていました。

 

タイで私立病院に行かれる際は気をつけましょう。

 

 

 

 

プラカノンの『KOSMO』が復活

こんにちは!カイです。

 

www.thaich.net

 

感染者の数は横ばいですが、旅行者がタイに続々と入ってきております。

 

今まではアルコールの提供ができなかった飲食店もSHAという認定を受けると通常に営業できるようになるとか。

 

ということでプラカノンにある『KOSNO』に行ってきました!

 

実に2年ぶりです。お店自体も4ヶ月ぶりの営業だとか。

 

 

 

タイ料理とピザなんかが美味しいお店です。

17時〜19時までがハッピーアワーで、ビールやワインがお得に飲めます。

 

僕がプラカノンエリアで1番よく行くお店ですね。

 

スタッフは英語が流暢でサービスがいいです。ウエイターはタイ人ではないですね。

 

前にオーダーを間違えて違うピザがきた時に、タイ人オーナーがわざわざ謝りにきました。普通謝られないのでかなりいいお店だと思います。笑

 

f:id:bkk42:20211108123309j:image

 

このベルギービールがハッピーアワーで270B→135Bと280B→140Bに。

かなり大きめなグラスです。

小さいグラスだと75Bと80B。

 


f:id:bkk42:20211108123330j:image


f:id:bkk42:20211108123316j:image

 

こういう感じのお店にしては安めです。


f:id:bkk42:20211108123320j:image


f:id:bkk42:20211108123300j:image

 

この大ぶりなフレンチフライがオススメです。

というかフードメニューの写真を忘れました。笑

 


f:id:bkk42:20211108123305j:image

 

これが間違えられた例のピザ。

気づかずに食べてしまいました。


f:id:bkk42:20211108123326j:image

 

ヤムウンセン タレー。

このお店のタイ料理はハズレがないですね。

 

 


 

今回はプラカノンのKOSMOを紹介しました。

テラス席は広々としていて気持ちよく過ごせるお店です。

 

場所も少し奥まったところにあるので好きですね。

 

西洋人がほとんどで、あとはタイ人と日本人が少しいる感じです。

ハッピーアワーはかなりお得なので是非行ってみてください!

タイあるある その1

こんにちは!カイです。

 

今回はタイのあるあるネタを。

外国人だけではなくタイ人も不思議に思っているあるあるを書いてみます。

 

 

1.  高級デパートのレストランにて

 

僕(今日は何を食べようかなぁ。トムヤム系もいいしサーモンのガパオもいいなぁ。

でもたまには違うのも食べたいなぁ。よし、エビのニンニク炒めにしよう!

飲み物は、、、うーん、悩むなぁ。タイミルクティーでいっか。)

 

店員「ご注文はお決まりですか?」

 

僕「はい。このエビのニンニク炒めとミルクティーで。」

 

店員「本日はこのメニューはございません。あとミルクティーもありません。」

 

僕「え?開店直後で無いの?じゃあトムヤムクンは?」

 

店員「ございません。カニチャーハンはございますがいかがでしょう?」

 

僕(エビのメニューで考えてるのにカニチャーハンて。馬鹿なのかコイツ。)

 

僕「ちなみに無いメニューはどれですか?」

 

店員「これとこれとこれとこれとこれとこれです。ドリンクはこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれがございません。」

 

僕(高級デパートのレストランでこれかよ。出よ。てか無いなら入店直後に言わんかい!)

 

僕「じゃあ結構です。他の店に行きます。」

 

店員「は?あっ、はい。」

 

 

これはコロナの影響もあるのかもしれませんが最近は特に酷いですね。有名店ほど店員はやる気がないです。タイ料理やでエビが無いなんて考えられません。

というかミルクティーが無いってなんやねん。

 

 

2.  宅配の人から電話がかかってくる

 

宅配「あなたの住所どこ?」

 

僕「ん?おまえ誰やねん?」

 

宅配「あなた宛に荷物届いていますよ。」

 

僕(先に言わんかい!ていうか荷物に住所書いてあんだろ。)

 

僕「住所書いてないの?」

 

宅配「この住所はわからない。」

 

僕「スマホで調べれば?」

 

宅配「何を?」

 

僕(住所に決まってんだろ!他に何があんだよ笑)

 

僕「〇〇ていうコンドミニアムだからその住所で調べてください。」

 

宅配「スペルは?」

 

僕「💢〇〇です。わかった?」

 

宅配「OK」

 

40分後。

 

宅配「今あなたの言っていたコンドミニアムに着いたよ。〇〇○でしょ?」

 

僕「は?〇〇だよ。そのコンドミニアムだと全然違う場所だしそもそも地区が違うだろ。」

 

宅配「......どうすればいいの?」

 

僕(なんだコイツ。頭がパンクしたぞ。)

 

僕「そもそもその荷物に住所が書いてあるんだから配達してくださいよ。〇〇ね?今あなたがいる地区ではないよ。オンヌットだよ。」

 

宅配「今あなたはどこにいるの?」

 

僕(関係ないだろ笑)

 

僕「仕事中なんで切りますよ。」

 

 

その後何回も電話がかかってきたりします。タイ人スタッフに投げることが多いですがタイ人同士でも通じないことがしばしば。

本当に全ての荷物が届いているのか心配になりますね。

 

続きます。

 

f:id:bkk42:20211105120126j:image

タイはアートが凄い!

こんにちは!カイです。

 

www.thaich.net

 

タイはとりあえず開国の流れです。

経済的にはもうこれ以上ロックダウンは無理だという判断なのでしょう。

 

そんなタイですが開国と関係なく、あらゆるところにアートが施されています。

 

正直『飾る』ことに関しては素晴らしいですね。

 

f:id:bkk42:20211103114243j:image

 

高級モール、エンポリアムのアート。

季節ごとに変わるので楽しみにしています。


f:id:bkk42:20211103114231j:image

 

こちらはエンポリアムの向かいにある高級モール、エムクォーティエにあります。

これも定期的に変わるので良いですね。


f:id:bkk42:20211103114253j:image

 

スウェーデンのブランド「フェール ラーベン」のカバンを壁一面に並べるお店。

シンプルですが見せ方がうまいですよね。


f:id:bkk42:20211103114307j:image

 

めっちゃデカいクマのヌイグルミ。3mはあるかな?


f:id:bkk42:20211103114226j:image

 

よくわからないけどトゥクトゥクを飾る。笑


f:id:bkk42:20211103114248j:image

 

道路の壁がカラフルだったり、


f:id:bkk42:20211103114257j:image

 

ちょっとふざけてみたり、


f:id:bkk42:20211103114302j:image

 

サイン入りの落書き(依頼されたっぽいですね)があったり。


f:id:bkk42:20211103114236j:image

 

お店の壁に直接。

 

f:id:bkk42:20211103115629j:image

 

店内の壁にもさりげなく。


f:id:bkk42:20211103115607j:image

 

前国王のアート作品は至る所にあります。


f:id:bkk42:20211103115619j:image

 

今年のハロウィンは流石に地味だったなぁ。


f:id:bkk42:20211103115632j:image

 

ローカルの路地の看板。

なんか良いですよね。


f:id:bkk42:20211103115634j:image

 

コロナの影響で閉店してしまった居酒屋。

高級店じゃないけど洒落ていた。残念。


f:id:bkk42:20211103115622j:image

 

この果物や野菜を並べることへのストイックさはなんなんだろう?

どこ行っても綺麗に並んでいます。


f:id:bkk42:20211103115615j:image

 

安ホテルの吹き抜けがおしゃれだったり、


f:id:bkk42:20211103115613j:image

 

インスタ映えするお粥だったり、


f:id:bkk42:20211103115625j:image

 

蝶々の標本が散りばめられたカフェがあったり。

 

 

タイ観光の魅力といえばビーチやタイ料理、ナイトライフ、マッサージ、ゴルフなんかが頭に浮かぶと思いますが、日本ではあまり見かけないアートを探して散策してみると面白いと思います!

 

ということで今回は以上です。

 

 

今週のお題「叫びたい!」

今週のお題「叫びたい!」

 

こんにちは。もうすぐタイ7年目に突入するカイです。

 

叫びたいこと、いっぱいあります!笑

 

「タイに6年いてまだそんなことでイライラするの?」ってよく言われますがまぁ一生慣れないでしょうね、僕は。

 

例えば

 

・タクシーの運転手のレベルが以前より低くなった

 

これはコロナの影響で仕事が無くなったおじさまタイ人が、できそうな仕事がないからタクシーの運転手になったってパターンらしいのですがマジでほとんど道を知らない。

外国人に道案内させて礼も言わずコチラが金払わなあかんわけですからね。

楽な仕事ですわ。

 

・近所のコンビニのスタッフのやる気のなさがヤバい

 

タイあるあるですが彼らもなかなかヤバいです。

動きは遅く返事はしない。顔が死んでてよく間違え、そして謝らない。

知り合いのタイ人コンビニオーナーは本当はタイ人は雇わずミャンマーラオスカンボジア人だけにしたいとよく言っています。

働かない、休む、遅刻する、間違える、仕事がてきないの5💀なので嫌みたいですね。

 

タイは労働者がかなり過保護な法律で守られているのでどんなアホでも雇ったが最後。なかなかクビにもできません。

タイのコンビニで真面目に働く人がいたら80%ぐらいの確率で外国人ですよ。

 

・そのアホなタイ人を擁護する外国人がいる

 

これがマジで意味わからないのですが、タイ人ですら彼らのアホさ加減に嫌気がさしているのになぜ外国人は上から目線で擁護してしまうのか?

 

「収入が低いから仕方ないよ」とか言う人がいますがきっと中国で同じことは言わないでしょう。

そのくせチップをケチるのでタイ人からはウザがられています。笑

日本人が多いかな。

 

今回は文句ばかりですがまぁたまにはね。