カイと猫のバンコク珍道中

極貧時代 〜厨二病と無気力〜


こんにちは。カイです。

 

今回は続きです。

www.bkkneko.com

 

関東の地方都市で生まれ普通のサラリーマン家庭の末っ子として育った僕は、今思うとそこそこ恵まれてはいた。

 

それこそ今思うと世帯年収1500万円ぐらいはあった家庭で育った僕が極貧だなんて笑われるかもしれない。

 

自分で言うのもなんだけど勉強はできたし運動もできた。中学ぐらいで彼女もいたしいわゆる陰キャラではなかった。

 

でも将来の夢だけはなかった。

 

なんとなく高校を卒業して何かしら学校に通わなきゃとは思ったから、なんとなく美容学校に入学した。

大学はつまらなそうだしもう勉強だけするのは嫌だった。

 

上京して一人暮らし。家賃は4万円ぐらいだったかな?

家賃と光熱費と学費は親持ち、あとはアルバイトでなんとかなった。

深夜のコンビニ。月給20万円ぐらいは貰っていたから結構余裕はあった。

 

就職活動するようになって美容師の初任給がヤバいって初めて気づいた。笑

大体額面で10〜14万円。手取りではなく額面。

 

国民年金払って家賃払って保険や税金払ったらいくら残るのよ?

 

専門学校時代の2年間は人生で1番つまらなかった時期でもあるし1番面白かった時期でもあった。

キラキラした同級生と馴染めなかったしなんかバイトばっかりしていた。

同級生はいい奴しかいなかったし、馴染めない僕にもすごく優しかった。

 

あの頃初めて格差ってものを意識したんだろうな。

バイトしない同級生も多かったし2時間近くかけて通う人もいた。

その一方で渋谷、恵比寿、新宿なんかに部屋を借りてる人もいた。

 

だから自分の親が貧乏なのかな?ってちょっとショックだった。

今考えると親父は高級取りだったってわかるけど。ネットもまだまだ微妙だったし知るすべもなかったし。

 

学生時代は古着屋行くかタワレコ(今もあるの?)行くかレコード屋行くかぐらいしかやっていなかった。せっかく東京に住んでるのに。

 

だからつまらなかったけど1人でいる時は楽しかった。

けっこう後悔はしている。笑

 

そして就職。

 

給料は14万円。家賃は4万5千円。

年金が1万8千円。光熱費が5千円。あとは税金とか諸々で3万円ぐらい。

残り4万円。笑

 

職場までは自転車、食事は朝と夜の2食。

朝はパンで夜はパンとサラダ。1日500円ぐらい。

 

飲み物は水とお茶しか飲まなかった。人生で1番ビールを飲まなかった時期でもある。

高校の時ですらバイトしてたからほぼ毎日飲んでたし。

 

こんなんだから自由になるお金は月2万円ぐらいしかない。コンビニバイトより貧しい職種、美容師アシスタント。

 

こんな生活を3年ぐらいした。

学生時代の同期はほとんどみんな転職してたな。同じクラスで今も美容師を続けてるのは2人だけかな。(結婚して辞めた人が2人)

 

そりゃ辞めるよ。

 

他業種の友達と遊ぶ気にもならないし金が無い。地元の友達は結婚するのも早いんだけど結婚式すら行けない。祝儀なんて払えないから。

 

親に頼るのも気が引けたからなんか我慢ばっかりしていた。

 

休日は図書館に行ったり散歩したり。たまに無名パンクバンドのライブは行ったなぁ。

1000円ぐらいで1ドリンクとかだったから。

 

あの頃は本当に自分だけが世界から取り残されてるんじゃないか?って思っていた。

職場にいる時以外の存在価値がまるで感じられなかった。

 

若かったから恐怖というほどではなかったけどいわゆる「負け組」って意識はあったかな。

 

 

つづく

 

 

 

最貧困女子【電子書籍】[ 鈴木大介 ]

価格:815円
(2022/5/8 12:33時点)
感想(4件)

 

 

 

 

 

極貧時代

こんにちは。カイです。

 

貧困化が進む日本。円安、産業の停滞、人口減少、超高齢化社会

 

格差がどんどん進み、明るい材料がまるで無い閉塞感に包まれた日本。

 

そんなワードがTV、TwitterYoutubeに並んでいます。

 

「貧乏にならないために」とか「これからの世の中どう生きる?」など見ているだけで気が滅入ってきますね。

 

なんとなく人並みに近づいてきたと思っていたけど自分もまだまだ頑張らないと。

 

そんなことばかり考えてすごしていたけど、僕自身も20代は極貧の時代でした。

やることなすこと上手くいかず、というかそもそもそんなに熱意もありませんでした。

 

でもあの頃の自分が本当の自分だったんじゃないのか?って最近になって思うわけです。

 

 

というわけでちょっと極貧時代のことについて書いていこうと思います。

 

【中古】【古本】金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 筑摩書房 ロバート・キヨサキ/著 白根美保子/訳【ビジネス マネープラン マネープラン一般】

価格:1,210円
(2022/5/8 11:03時点)
感想(0件)

心境の変化

こんにちは。カイです。

 

最近思いつく範囲でまったくと言っていいほど良いニュースが無い世の中。

なんとなくタイ在住だからとタイネタを書こうとやってきましたが、自分の中でなんかちょっと違うというか自分らしくないなぁと思うようになってきたので、これからはタイという括りは無視していこうと思います。

 

タイ在住者のコンテンツって無駄に明るいのが多くてなんか嫌いなんで。笑

タイのタクシーは怖い バンコク編

こんにちは!カイです。

 

今回はタイのタクシーの話。

 

タイのバンコクは電車が東京ほど便利ではなく、移動にはタクシーやバイクタクシーなどを併用しないと結構不便です。

 

暑くて歩く気にもならないし自転車は危ない。(僕は乗るけど)

 

そんな交通事情のタイですがタクシーやバイクタクシーの運転手にはハズレが多いです。笑

 

ハズレポイントは

  1. 道を知らない

これでよくタクシーをやる気になったなと思うほど道を知らない運転手がいます。おまけに地図が読めないレベルってことも多々あります。

 この手の人にあたった場合はすぐ降ろしてもらうか目的地に近い有名な場所で降ろしてもらうのがいいでしょう。  

 

 2.車が汚い

 

たまにとんでもなく汚い車のタクシーがいます。昼間はいいですが夜は怖い。

なるべく乗らない方がいいでしょう。

 

 3.運転が荒い

 

これも怖いですね。でも乗ってしまったらとにかく刺激しないように黙って乗っていることです。

彼らには話が通じないので。

 

 

と大きくはこんな感じなのですが最も嫌なのが

 

『ラリってる(お薬)ドライバーのタクシー』

 

これはマジで怖い!笑

 

つい先日のことですがなかなかスリリングな体験をしましたのでご紹介します。

 

 

その日は平日で久しぶりにチットロムへ買い物に。

荷物もあったので帰りはタクシーにしようとセントラルワールドの前でタクシーを探す。

夕方近くだったので2台に乗車拒否され(よくあります)ようやく3台目でOK。

 

車内でタバコ吸ってたけどもう面倒だから乗ってしまおう。

 

運転手は50歳ぐらいのおっちゃんで妙にテンションが高い。

 

行き先を告げると普通に走り出した。

 

と言ってもちょっと運転が荒そうだ。

 

まあ気の良いおっちゃんぽいしとスマホをいじっていると何やら誰かと喋っている。

 

タイのタクシーは片方の耳にイヤホンを着けて誰かと電話しながら運転している人が多い。

なので特に気にも留めなかったのだが、

 

(ん?スマホの電源入ってないぞ?)

 

運転手のスマホがハンドルの斜め上に固定されているのだが画面がついていない。

 

よく見るとそもそもイヤホンもつけてないぞ。

 

(独り言じゃん^^;)

 

ちょっと背中がサーっとなった。

 

(さっきからずっと独り言言ってんのか?こいつやばいぞ。)

 

しかも何やら助手席あたりの空気をすくっては窓から捨てるという謎の行動を繰り返している。

 

僕「何してるんですか?」

 

運転手「虫を捕まえて外に出してるんだよ」

 

(こいつ完全にやべー奴だ!)笑

 

もはや頭に虫が湧いちゃってる運転手。

タイ在住7年目にして過去最上級のモンスターに遭遇してしまった。

 

運転手「高速道路使っていい?」

 

時間的にも混んでいるので高速を使いたがる運転手は多い。

というかこの人に逆らって機嫌を損ねるのは怖い。笑

 

時間的にも高速は混んでるし無茶な運転はできないだろう。

 

僕「高速でいいすよ」

 

運転手「OK。トイレも行っていいか?」

 

(まあいいか。)

僕「どうぞどうぞ」

 

どこでトイレに行くのかと思っていたが彼は高速の入り口を入ってすぐ車を停めた。

 

運転手「ちょっとトイレ行ってくるわ」

 

(おいおいこんなところに停めていいのか?後ろの車の邪魔でしかないぞ)

 

誰かに怒られるんじゃないかとハラハラしながら10分ほどその場で放置された。

さすがにちょっと時間かかりすぎだろ。

 

(戻ってきたら精算して降ろしてもろおう)

そんなことを考えていると後ろから奴が戻ってきているのが見えた。

 

ん?

 

(明らかにさっきより目がキマってます^^;)

 

こいつ一発お薬決めてきやがったな。

 

こうなると降ろしてくれなんてなんか怖くて言い出せない。

仕方なくガン決まりの運転手に任せることに。

 

な〜に、高速は混んでるから死にはしないだろう。

 

 

そんな楽観的な予測は絶望へと変わる。

 

完全にお薬で集中力を増した奴は、割と混んでいる高速道路をアミダで走り始めた。

要するにすり抜け。

 

この道路状況でそれをやったところで大して時短にはならないよ〜!

 

行きた心地がしない20分間。

お薬の効果か知らないけどすり抜け上手いな。笑

 

そんなこんなでようやく家に到着。

 

なんか身体中が痛いぞ。笑

ずっと力入ってたからなぁ。

 

最後に運転手が一言。

 

運転手「最近虫が多いよな」

 

僕「そうですね」

 

 

もう2度と遭遇しないことを祈るしか僕にはできません。

 

みなさん、バンコクではなるべくGrabタクシーというサービスを使いましょう。

 

 

 

【Trip.com】旅行をもっとお得に!

 

儲かる投資 儲からない投資&副業 その2

こんにちは。カイです。

 

今回は投資&副業のその2です。

 

 

www.bkkneko.com

 

5. せどり

 

これは副業ですね。

10年前ぐらいにちょろっとやってみました。

結論から言えば本気でやればけっこう稼げそうかな、って感じでしたね。

 

方法はかなりグレーですが。笑

 

せどりというのは安く仕入れて高く売る、ってだけのシンプルな構造です。

なのでマーケティングができていれば儲かる。

問題はそのマーケティングが難しいことと費用対効果がどうなのかってことです。

 

僕は副業としてやっていましたが月2、3万円の利益は出せました。

 

主にCD、アパレルなんかを専門にやりました。

せどりのコツは『値段がよくわからないもの』を探すことだと思います。

 

例えばCDの場合、マニアックなジャンルのインポート物なんかは結構売れます。

見つけたらとりあえず出品、売れたらお店に買いに行ってそのまま配送。

マニアックなジャンルだとすぐ売れることは少ないのでこの方法なら在庫を抱えなくて済みます。

もし売れてしまったら謝るしかありません。僕の場合はありませんでしたが。

 

今はもうCD買う人も少なそうなのですがiTunesなどに無いアーティストの物を検索しながら探せばまだまだいけそうですね。

 

本気でやるなら発送元の近くに引っ越して(コンビニ、郵便局)やるとか、販売先を海外も視野に入れるとかやり方はまだまだありそうです。

 

気をつけることは税金関係ですね。ちゃんとしておかないと追徴課税が怖いので少し勉強した方がいいですね。

 

僕も最初こそ楽しかったのですが休みが潰れるのが嫌になってきてやめました。

あと常に1人でやるようなので孤独感は強い仕事だと思います。

 

タイでもやってみたいんですけどね。

 

 

6. メルカリ

 

これも10年前ぐらいですね。

副業や目先の小銭に興味がない友達の不用品を買い漁りメルカリで売る。

これがけっこう利益が出ます。

興味ない人って要らないものは格安で売ってくれますからね。

 

美容師を辞めた友達の商売道具、古着、本、CD、自転車なんかですかね。

 

美容師の道具はけっこうすぐ売れますし、参考書や資格の本は売れます。

 

個人的にはせどりよりは副業向きかと思います。というか内容は変わらないですけど。

 

デメリットは手数料とキャンセルですかね。

近場に住む人ならやりとりだけメルカリでして手渡しって方法も使えます。グレーだと思いますが。笑

 

僕の場合、知り合いの不用品を10万円で買い20万円ぐらいで売ったので利益率はいいんじゃないかと。

それとなく不用品の話をして売って貰えばいいだけなのでいつでもできますが、若いうちだけでしょうね。今やったら相当な変人扱いされそうです。笑

 

 

7. 転売

 

今では転売ヤーなんて呼ばれて忌み嫌われる存在ですが、以前はそこまでメジャーでもない存在でした。

僕は知り合いの手伝いでちょろっとやったことある程度ですが、これは儲かると思います。笑

 

イベントのチケット、ゲーム、IPhoneは利益出ましたね。

 

せどりやメルカリとほとんど同じですが転売ヤーは情報を仕入れたり並んだりとかなり大変です。IPhoneSIMフリーの海外版を安く買ってきて日本で売るだけなので楽でしたがチケットやゲームに並ぶのは大変でしたね。

 

どう考えてもいい商売とは思えないのでもう手伝いでもやらないと思いますが、貧しさで死にそうになるぐらいならやってみてもいいと思います。

これも税金関係は疎かにしないように。マジで税務署にはバレますので。

 

 

ということでその2でした。

 

もう少し続きます。笑

 

渦中のNPB 白井審判

こんにちは。カイです。

 

news.yahoo.co.jp

 

いや〜面白い試合でした。笑

 

めちゃめちゃ叩かれていますね、白井さん。

 

個人的には好きな審判ですね。あの太々しい顔がいいです。笑

 

問題のシーンは

 

めっちゃ怖いです。笑

 

確かに他のやり方があったんじゃないかとは思います。

 

ダルビッシュ選手が擁護していた意見はなるほどと思わせるものでした。

確かにね。

 

まあ選手側からすれば誤審はたまったもんではないんだろうけど、有利になった方が申告することもないんだよね。

 

学生の時に審判させられたことあるけど確かにめっちゃ難しい。一瞬も気が抜けないし

本来のポジションの外野の方がよっぽど楽でした。

 

あれをプロレベルでやって年収1000万いくぐらいじゃやりたくないかな。笑

ストレスがヤバそう。

 

みんなの意見がかなり厳しくて驚きましたね。日本が生きにくいってのはこういうところなんですけどねぇ。

 

野球、サッカー、NBA、ボクシングなんかは審判が批判されることが多いですが、ラグビーやテニス、相撲なんかはかなりまともな気がしますね。なんででしょう?

本当にボクシングは酷すぎるのでなんとかして欲しい。笑

 

個人的にはビデオ判定とかは無い方が好きですけどね。

 

儲かる投資 儲からない投資&副業 その1

こんにちは。カイです。

 

今回は投資の話。

 

停滞、というか後退する日本経済に危機感を覚えて投資や副業をする方が増えている気がします。

僕もいくつかやってみたものがあるのですがやはりどれもなかなか難しいですね。

 

ただ儲かってもつまらなかったりストレスが凄かったり。

 

ということで経験があるものをいくつかご紹介します。

 

 

1.  株

 

叔父が昔からやっていて勧められたからやり始めた株。

費用対効果は最悪の部類ではないでしょうか?笑

 

元手が3000万円ぐらいないとお話にならないぐらい儲からないし、その癖時間だけはとられる。勉強も必要です。

 

NISAを利用して5年以内の利益が非課税になったところで元手がなければ100万円も儲からないでしょう。仮に100万円儲かっても年20万円。バイトした方がいいですね。笑

 

メリットは投資に興味が出ることと詳しくなれることぐらいですね。

 

僕はつまらないので1年でやめました。今後もやることはないでしょう。時間の無駄ですね。

 

 

2.  腕時計で投資

 

これも有名な投資方法ですね。

僕も10年前ぐらいにロレックスのエクスプローラーを3つほど買って高くなってから売ってちょろっと儲けたことがありました。

 

価値が下がりにくいからと試しにやってみたのですがタイミングよく定価が改訂し、30万円ぐらい利益が出ました。

 

本当にたまたまなのですがロレックスは本当に値段が下がりにくいので流通が少ない国で買い手を探せば利益が出せそうですね。

 

僕は小心者なので盗難などのリスクもある為もうやらないですね。

 

 

3.  タイの銀行に放置

 

昔よりだいぶ下がったとはいえまだタイの銀行は金利が発生します。

僕はSCBという銀行を使っていますが預金しておくだけで年1.35の金利がつきます。

 

現在のタイの銀行は口座につき100万バーツまでは補償してくれるので100万バーツ入れておくと年間で5万円弱の金利がつきます。

 

もう5年ぐらいやっているので20万円ちょい利益が出ています。ノーストレスなのでこれはオススメですね。

彼女と2人分やっているので50万円弱利益が出ました。

どう考えても株なんかより儲かるでしょ。笑

 

預け入れ金額が多いと金利が下がったりするので興味ある方は調べてみてください。

 

 

4.  ビットコイン

 

これはほぼギャンブルですね。もうやりたくないかな。

株よりは儲かると思いますけど、やっぱり面倒ですね。

毎日頭から離れないような投資は僕には向いていないです。

 

 

5.  タイのコンドミニアムで投資

 

これは僕自身ではないですがかなり近い人数人の実体験です。

 

1人目は、バンコクの日本人在住エリアを外れたところに老後住むワンルームコンドミニアムを買ったAさん。

12年前だったと思いますが当時150万バーツで新築を購入。5年後には250万バーツになったというパターン。

たった5年で350万円も利益が出るなんて結構すごいですね。結局高齢で今更お金はいらないということでまだ住んでいます。

 

2人目は、日本人在住者が多く住むエリアのど真ん中に2ベッドルームを2000万バーツで買ったBさん。(約7000万円、高っ!)

最初こそ住んでいたもののコロナを期に帰国。賃貸で借主を探し中。

月6万バーツで探し中。しかし丸2年経過してまったく借り手が見つからない。苦笑

 

この辺が難しくて個人から借りるのはリスクがあるって取る人もいるんですよね。トラブル対応は借主がやらなきゃならないし。

 

2000万バーツで買ったので6万バーツで元を取るには30年間フル回転させないと損をする計算です。

でもそのコンドミニアムの近くで同じような物件だと5万バーツ行かないぐらいで借りれるんですよねぇ。恐らく借り手つかないな。

 

もう売ってキャピタルゲイン狙いしかなさそうだけど5年落ちのコンドミニアムをあの値段では買う人いないだろうな。特に何が良いって物件でもないし。

 

本人曰く2000万円ぐらい損失が出そう、とのこと。

 

このケースの失敗は多分ターゲットがはっきり決まってないことかなと。

日本人は日系不動産屋に頼む方が安心だしタイ人には高すぎる物件。

西洋人のファミリー向けにしては狭いし造りは西洋人の好みに合わなそう。

 

自分で住むにも持ったいない物件だしね。駐在員でもないのに月6万バーツ出す夫婦なんていないよマジで。

個人的には2000万円の損失で済めばいいんじゃないかなと思っています。

不動産投資ってなかなか難しいですね。

 

 

ということで今回はここまで。

やはり投資って難しいですよね。先が読めません。

続きはその2で。