カイと猫のバンコク珍道中

終わり方が残念な漫画

今週のお題「一気読みした漫画」

今回は毒を吐く気が満々のカイです。

漫画は作者のものであり読者はやんや言う権利がないことは承知しております。

ですがそれでも納得できなかった漫画を勝手にご紹介します。

 

1.   『進撃の巨人

 

あんまりいい終わり方ができなそうだな〜と思っていたら本当にできませんでしたね笑

全34巻。20巻ぐらいでいけたであろうと思います。引っ張ったのか引っ張らざるを得なかったのか。

前半が面白かっただけに残念です。この漫画はピークが早かった上にラストがよくわからないという気がしました。生意気言ってすいません。

 

 

 

2.  『鬼滅の刃

 

この漫画は良かったですね。サクサク進むしテンポが良いです。

ラスボスが最後?でしたがすごくおもしろかった。煉獄さんがあんな早く死んでしまったのも良かったのでしょう。

序盤は絵がちょっと微妙でしたけど右肩上がりにおもしろくなっていきましたしとにかくスピード感が良かったですね。

でもやはり気に入らなかったのはラストの現代のところですかね。ちょっと無理やり置きに来た感じというか。要らないですね。

あれが絶対必要だったと言う方いましたらコメントいただけると嬉しいです。

 

 

3.  『ドラゴンヘッド

 

これはね笑 当時めっちゃ流行りましたが完全に右肩下がりで終わった漫画ですね。

ラストがまあ酷いですね。何回読んでも苦笑いしてしまいます。僕の兄貴が先に読んだのですがめっちゃ機嫌悪くなっていたのを覚えています笑

と言っても10巻で終わりましたからまぁアリなのかもしれません。

 

 

4.  『ワンピース』

 

まだ終わっていませんが終わらせられますかね?笑

ふわっとした感じで終わるんだろうなと思っています。まあここまでおもしろかったからいいですがちょっとね。いまだにルフィとカイドウの力の差が歴然なので不可抗力で勝つしか無さそうです笑 今さらまた修行もできないでしょうし。

でもワンピースのいいところはあまりつまらない時が無い。個人的に絵が好きなんですね。

もはや読む方がおっさんになってしまっているのであまり最後には期待しないで待っています。

 

 

5.  『バチバチ

 

これは作者の佐藤タカヒロ先生が亡くなってしまい、未完となってしまった非常に残念な作品です。

バチバチBURST』、『鮫島、最後の十五日』と続くシリーズ最高に面白い相撲漫画だったのですが、『鮫島、最後の十五日』のラスト近くで終わってしまいました。

ですが何故かしっくり終わったようにも感じる、不思議な漫画です。

 

 

6.  『シャーマンキング

 

結構人気もあったであろう漫画なのにまさかの「夢オチ」で終わった謎の漫画。

完全版として最終回が描かれたみたいですがもはや読む気にはならないですね。

 

 

バチバチ』だけちょっと違いますが他の漫画は大体みんな同じ感想なんじゃないですかね?物語を綺麗に完結させるのって相当難しいことなんだと勉強になります。

 

ではまた!